03-5875-3990 Web予約フォーム

お客様の声

亀戸総合整体院コア お客様の声

30代 男性 タクシードライバー 首の寝違いから首の痛みが改善しない

【訴えている症状】
右首から肩にかけての痛み
首を右に回すと痛い
右肩が上がりにくい
腰痛

【問診】
一週間前に寝違えてから痛みが全く改善しません。
右に向くと右の首に痛みが走ります。
またここ最近右肩が上がりにくく感じています。
月二回ぐらい野球をやっているのでそれも原因ではないかと思います。
また仕事柄ほとんど座って運転している状態なのでそれがより悪くしている気がします。
右後ろを向くのが大変なので仕事に支障が出てしまっているので早く改善したくて来院を決めました。
もともと肩こりや腰痛はありました。

【初診時検査】
首を右に回した時の右首の付け根付近に痛み。
右肩の外転可動域低下
右肩周囲筋の過緊張
首から肩にかけての筋肉の過緊張
骨盤後傾
猫背姿勢
胸椎の可動域低下

【施術後の経過】
施術は骨盤から背骨を整え右肩回りの筋のバランスを整え可動域向上を図りました。
初回後は痛みは半減して、首を右に回した時の痛みも可動域が向上していました。
2回目来院時も痛みは半減の状態でした。ただ首を右に回すと痛いのが最終可動域にありました。
継続してその後2回の治療を行い、それらも改善しました。
しかし職業柄首や肩に負担をかけることが多いので、しっかり歪みが安定するように現在も継続メンテナンス治療中です。
背中や肩のエクササイズやストレッチを指導して、日常生活でのセルフケアも実践していただいています。

【先生からのコメント】
右肩を野球で傷めているということもあり、右肩背中首の筋バランスの崩れが引き起こされていました。
またタクシードライバーという職業のため、常に首へのストレスがかかっている状態で、寝違えの首の状態が治りにくい状況になっていました。そのため改善を遅くしている右肩の筋バランスを整え、姿勢を悪くしている要因の骨盤や背骨の歪みを整え、首へのストレスを軽減させていくことを行いました。
4回ほどの治療で痛みや可動域の大きな改善がみられました。しかし仕事柄身体のメンテナンスやセルフケアの徹底が必要と考え、現在メンテナンス治療をおこない再発予防を行っています。

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

 

24歳 女性 営業 4年前から感じる右お尻から太腿にかけての痛み

【訴えている症状】
・右お尻から太腿にかけての痛み
・座っていると痛みが増す
・ひどい時は寝ているときも痛い

【問診】
この痛みは大学生の頃から約4年前から痛みを感じます。
場所は右のお尻から太腿にかけての痛みです。
特に座りっぱなしになったりすると痛みは増します。
またひどい時は夜間痛もあり、寝るのもつらい時があります。
テニスボールでマッサージなどしてましたがあまり効果を感じませんでした。
もともと身体は硬く、運動もあまりしないのでそれが原因かなとは考えていました。
今年就職して一年目で痛みが仕事に支障が出てきているので何とか改善したいと考えカイロプラクティックの受診を決めました。

【初診時検査】
前屈時にお尻の張り
仰向けで片足上げテスト(SLR)60度付近でお尻の痛み
右足を60度上げて痛みのある状態からさらに股関節を内側に回し内側に倒していくと痛みが増悪
梨状筋の過緊張
神経学検査は陰性
右の腸骨の強い後方変位
股関節の可動域低下

【施術後の経過】
施術は強い右の骨盤のゆがみを整え、股関節の可動性を付けることを中心に行いました。
治療後は痛みは半分以下になりますが、5日後に来院されたときには8割ほど戻っている状態でした。
継続してその後5日に一度のペースで4回施術したところ、現在2週間施術間隔をあけても痛みはほとんど感じないようになりました。
現在再発防止のメンテナンス中です。

【先生からのコメント】
この方の症状は骨盤の歪みによる梨状筋というお尻の筋肉の過緊張によるものと考えられました。
神経症状はないため坐骨神経痛の可能性も低いと判断できました。
もともと身体が硬いうえに運動習慣もないため身体の歪みを強くして筋肉を硬くしてしまう要因があったと考えれます。
施術はこの骨盤の歪みを整え、股関節の柔軟性を高めることを行うことで大きく改善されていきました。
3,4年も痛いまま放置されていたこともあり、調整してもすぐに歪んだ状態に戻っていましたが、4回ほどの調整で安定してきました。その後はストレッチやエクササイズを指導し、メンテナンス治療も行い、再発予防に取り組んでいます。
強い骨盤の歪みは坐骨神経痛と間違われるような強い足への痛みを引き起こす原因になることがあります。
このような症例はカイロプラクティック治療が大変有効的です。
坐骨神経痛様な症状があり、整形外科ではヘルニアはないなど原因がはっきりしない場合はこの骨盤の歪みが原因になっていることが大変多いです。お困りの場合は一度亀戸整体院コアにご相談ください。

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

35歳 女性 会社員 妊娠中の股関節や腰、腹部、太ももの痛み

35歳 女性 会社員 妊娠中で股関節や腰、腹部が痛くて眠れない

【訴えている症状】
腰痛
股関節痛
太腿の痛み
肩こり

【問診】
妊娠5か月ぐらいになりますが、ここ最近腰や股関節、腹部、太ももに痛みを感じて眠れません。
産婦人科では身体は特に問題ないといわれ、お腹の子供も順調であるといわれました。
ただ痛くてつらいので今回カイロプラクティックの治療を受けることを決めました。
病院ではカロナールというお薬をもらいましたがあまり効果はありませんでした。

【初診時検査】
股関節周囲の筋肉の過緊張
骨盤の歪み

【施術後の経過】
骨盤への調整、股関節周囲筋の筋バランスを整えるようにストレッチやほぐしを行っていきました。
初回の治療後はかなり楽になったとのことでその日の夜からぐっすり眠れるようになったとのこと。
その後2週間の間に3回の治療を行うことで痛みはほとんど感じなくなったようです。
現在も出産までのお身体のメンテナンスを行っています。

【先生からのコメント】
妊娠中は様々な身体の変化があります。
体形の変化によって、身体の重心の変化が起こります。
お腹が大きくなるので腰が反り腰になっていきます。
また妊娠中はホルモンの影響で、骨盤回りの靭帯が緩んでいる状態になります。
そのため腰回りの支えがとても不安定になります。
これらの要因で腰や股関節に大変なストレスがかかり、妊娠中は腰痛や股関節痛など身体の不具合は起こりやすくなります。
治療は骨盤や筋肉などの調整で身体へのストレスを少しでも軽減させて楽になっていただけるようにすることです。
またカイロプラクティック治療で骨盤の歪みや筋肉の硬さを取り除くと、出産がスムーズだったという声が多く聞かれます。
是非妊娠中にもカイロプラクティック治療を受けられることをお勧めします。

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

30歳 男性 会社員(事務) 運動時のぎっくり腰

【訴えている症状】
くしゃみで腰の痛み増悪
座りっぱなしで腰の痛み増悪

【問診】
最近ぎっくり腰が多くて困っています。
去年の秋ごろにはラグビーをやっているときにぎっくり腰をやってしまいました。
今年も4か月前にジムでデットリフトを行っているときにやってしまいました。
今回もジムでのトレーニング時から痛みがでてきました。
前かがみや後ろに反らしても痛みがでます。
またくしゃみでもかなり痛みが増悪します。
整形外科を受診しましたが、レントゲンでは特に問題はないようで痛み止めだけもらいました。
今後も運動をしたいのでしっかり治しておきたいと思い来院しました。
最近骨盤の歪みも気になっていました。

【初診時検査】
神経学検査(-)
前かがみと反らす動きが腰が痛い
骨盤と腰椎に歪みあり
股関節と周囲の筋肉の硬さ

【施術後の経過】
骨盤と腰椎へのカイロプラクティック治療を行い、股関節と周囲筋へのアプローチも同時に行いました。
治療後は痛みは半減以下になりますが、2,3日で痛みが少し戻ってしまう状態が3回ほど続きました。
4回目の治療後からは1週間といい状態がキープできるようになり、7回目の治療時にはほぼ腰の痛みは改善されていました。
今後はトレーニングと合わせて再発予防に取り組んでいきます。

【先生からのコメント】
腰痛を繰り返しているということで骨盤や腰椎、股関節の不具合と体幹の筋力の低下があると考えられました。
またラグビーやデットリフトなど大きな力が加わるスポーツやトレーニングを行うには筋肉や関節の柔軟性と強いインナーマッスルが必要です。
やはり検査の結果、この方は骨盤の歪みが強く、股関節やが非常に硬くなっていました。
そこで今後腰を傷めないためにも骨盤の歪みを正しい状態に戻し、股関節の柔軟性を出し、さらに体幹の筋力を強くしていくことで、再発しない強い腰を作ることを目標に治療を行いました。

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

20歳 女性 ダンサー 腰、背中、首の痛み

【訴えている症状】
腰から背中、首までの痛み

【問診】
中学生ぐらいから腰から背中、首までの痛みを感じていました。
現在立ち仕事がほとんどのバイトとダンスのレッスンで身体を酷使しています。
そのためか以前より症状が増してきているようです。
今後プロで活動していくためにも現状を変えたいと思いカイロプラクティックを受診することを決めました。

【初診時検査】
腰の前屈時後屈時の腰の痛み
首の前屈時に背中から腰に痛み
反り腰
猫背
骨盤の歪み

【施術後の経過】
骨盤の歪みと股関節周りの筋バランスの調整、それに伴って歪みや硬さが生じている背中や首への施術を行いました。
治療後は前後屈の痛みは半減しました。一週間後にいらしたときはまた痛みが8割ほど戻っていました。
繰り返し調整を6回行うことで、最初の痛みから8割減になりました。
現在も継続治療中です。

【先生からのコメント】
この方はとにかく骨盤の歪みが強い状態でした。ダンスをするうえでも骨盤の位置関係が整っていないことで腰に無理な負荷をかけていたようです。長年の問題であったため繰り返しの調整を必要としていました。またほぼ毎日のように練習で身体を酷使しているということもあり、週一回の治療を継続して行っています。

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

 

42歳 男性 会社員 ぎっくり腰

【訴えている症状】
腰全体の痛み
歩くときも腰の痛み
立ち上がる時に強い腰の痛み

【問診】
4日前に子供と一緒に行った公園で砂場の段差に長時間座り、立ち上がる時に強い痛みを感じました。
ここ最近花粉症の影響もありくしゃみをすることも多くありました。
痛みが強く座ってられないし、歩くのも大変だったので次の日にマッサージに行きましたがあまり変化がありませんでした。
明日から家族と旅行に行くので何とかしたいと思いこちらの施術を受けようと考え来院しました。

【初診時検査】
前屈後屈で痛み
背中の張り
股関節の可動域低下
お尻の筋肉の過剰な緊張

【施術後の経過】
股関節や骨盤回りに対して痛みを誘発しないように負担の少ない調整を行い、最後にテーピングを行いました。
治療後は歩きやすくなり前屈の可動域も増えていました。
旅行の後4日後に来院されたときには痛みは半減していました。
ただ座りっぱなしの後はやはり強い痛みを感じるようです。
継続して骨盤・股関節への調整を行っていきました。
3回目の治療時には背中や肩、首へのアプローチを行い全身の調整を行っていきました。
ご自宅でも股関節のエクササイズを行ってもらいました。
4回目来院時には腰痛はほとんど感じていないようです。

【先生からのコメント】
この方はデスクワークや日頃の歩き方や姿勢などにより股関節がとても硬くなっていました。
お尻の筋肉がその硬い股関節の影響で硬くなっていました。
お尻の筋肉は骨盤や腰のぶれを支える役割を担っているためそれが機能しなくなっているということは大変腰にストレスをかける結果になっていたようです。
来院時は痛みが強く強い調整が出来ない状態であったため、筋肉の調整や関節の調整をゆっくり行っていきました。
3回目の治療時ぐらいには強い痛みは軽減していたので、積極的な全身の調整を行っていきました。
腰の痛みではありましたが、首や肩甲骨背中など全身の歪みや硬さがもともと存在していたようで、これらも今回腰が痛くなった原因になっていたようなので全身の治療が必要と判断し、そして予防の意味でも全身を整える事を行っていきました。

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

30歳 女性 会社員 肩や首が全体的に重くて首を後ろに倒すと痛い

【訴えている症状】
首を後ろに倒せない
肩から首にかけて何かをしょっているような重さ
肩を上げる動作で首から肩にかけての張り

【問診】
一月前から首から肩にかけての重さをかんじるようになりました。
それまでは症状を感じることはなく、美容室などで肩を触られるとすごく硬いと指摘されることは以前からありました。
仕事はマスコミ関係なので不規則な生活になることが多く、睡眠不足や食事がしっかりとれないことも多々あります。
また首を後ろに倒すことや肩を上げることで痛みを感じることもあるのも気になっています。

【初診時検査】
首の伸展で首と背中の付け根付近に痛み
肩の外転で首から肩に張る感じ
背中の硬さ
猫背姿勢
骨盤の歪みによる不良姿勢

【施術後の経過】
施術後は肩を動かしての痛みや肩や首の重さはすっきりしたとのことでした。
一週間後の2回目の来院時には首から肩にかけての重さはあまり感じないとのことでしたが肩を上げたときの違和感や特に首を後ろに倒した時の首の付け根の痛みがまだあるのが気になるとのことでした。3回目の治療後には首を後ろに倒した時の痛みは改善していました。4回目来院時には首を反らした時の痛みは改善していましたが、夕方になってくると肩や首回りが疲れてくるのが気になるぐらいに改善していました。現在はエクササイズやストレッチを交えてメンテナンス治療を行っています。

【先生からのコメント】
この方は20代前半から今のお仕事に就かれて、それからずっと不規則な生活をすることが多くそれが身体へのストレスにつながっていたと考えられます。症状を感じたのは1月前ということですが身体の歪みの状況や筋肉や関節の状態をみると長年の積み重ねが現在の状況になっていると考えられました。
背中が硬く動かなくなっていることや骨盤が歪んでいることで姿勢も悪くなり、身体の力が抜けないようになっており、筋肉も硬くで血流が悪くなり、かなり深刻な慢性化を招いていました。
そのため施術はバランスを整えながら関節の動きを正常にしていくことと、弱って働かなくなった筋肉へのストレッチやエクササイズをご家庭でも実践していただけるように指導していきました。
お仕事の性質上身体への過剰なストレスは避けられないため定期的なメンテナンス治療をお勧めして、現在では2週間に一回の施術でケアさせていただいています。

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

28歳 女性 作業療法士 首の寝違え後の痛みと動きの制限

【訴えている症状】
首から背中にかけての痛み
首を前に倒したり後ろに反らすことが痛くてできない
肩こり

【問診】
2週間前に首の寝違いを起こしてそれから首や背中に痛みを感じます。
傷めた当初は痛みが強く耐えられなくて鍼をうけにいきました。
強い痛みは少し落ち着いてきましたが首を動かすと痛みがあり、生活にもまだ支障があるため
早く改善したくて当院に来院されました。
仕事ではうつむくことが多く、また日常生活ではスマホをよく見ます。
それが原因の気がします。

【初診時検査】
首の前後屈で首と背中の付け根付近に痛みと制限
首の回旋でも痛みと制限
骨盤の歪み
背中の硬さ
背骨周辺の深部筋の過緊張

【施術後の経過】
施術後は痛みは半減し、可動域が大幅に増えました。しかし正常可動域までとはいきませんでした。
5日後に2回目の治療にいらっしゃったときには前回の施術後の状態を維持されていました。
2回目の施術後はさらに可動域が向上し、痛みは8割ほど改善している状態でした。
首の張りがまだすこしあるので3回目の治療は一週間後に行い、それも取り除くことが出来ました。
現在月1,2回のメンテナンス治療を行っています。

【先生からのコメント】
仕事の性質上うつむくことが多く、また生活習慣の癖でうつむき姿勢でスマホをずっと見る癖があるようです。
その状態で特別セルフケアも行わず施術も受けなかったことから疲労が蓄積し今回の症状を引き起こしたと考えられます。
骨盤の歪みも強く出ているのでそもをも姿勢が悪いことも首や背中にストレスを与えやすかったと考えられます。
そのため施術は骨盤からの全身のバランスを整えることで姿勢を正しい状態に整えていくことも重要と判断して、首背中回りの施術と合わせて全身の施術を行っていきました。
また生活習慣が症状を増悪させているとも考えられるので生活指導も徹底して行いました。

 

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

54歳 男性 会社員 右肩が上がりにくく右肩甲骨の内側に痛み

【訴えている症状】
右肩の可動域が減少
朝に右肩甲骨の内側が痛い

【問診】
半年前ぐらいから右肩が上がりにくくなってきました。
それとともに右の肩甲骨の内側付近に痛みを感じるようになりました。
この痛みは朝起きたときが強く、肩を上げる動きをした時に違和感を感じます。
ほっとけば治ると考え特に治療をうけることはしていません。
姿勢は昔から悪いとよく言われています。

【初診時検査】
猫背
右肩前方変位
右肩が上がりづらい
骨盤の後方変位&捻じれ

【施術後の経過】
施術後は肩の可動域は大きく改善しました。右肩甲骨の内側の痛みも最初の半分以下に軽減していました。
しかし一週間後に来院されたときは可動域の低下、肩甲骨の内側の痛みは最初の7割ほどに戻っていました。
継続して治療を行い5回目の治療来院時にはほとんど痛みは感じない状態になっていました。
お仕事がデスクワークのため姿勢が悪くなりやすく肩関節が硬くなりやすい、また骨盤が歪みやすいので定期的なメンテナンスを行っています。

【先生からのコメント】
この方の問題は首から肩甲骨の内側に来ている筋肉が過剰に緊張していることで痛みを感じていたようです。
原因は右肩の可動域が大幅に減少していることにありました。それは姿勢の悪さからくる肩関節の前方移動によって引き起こされていたので、施術は全体的な姿勢の悪さと右肩の可動域の向上を目指していきました。またデスクワーカーで運動習慣のない方だったので習慣的に肩甲骨のエクササイズや肩回りのストレッチを行なうよう指導しました。
施術とご自身の努力の週一回の5回の治療でほぼ症状は改善されました。

 

 

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

35歳 男性 会社員 首のコリと顎の不具合

【訴えている症状】
・左顎が違和感がある
・首のこり
・肩が上に上げづらい

【問診】
以前から首のコリや顎の違和感はありましが、ここ最近特につらくなってきたので来院しました。
原因は仕事が忙しく姿勢が悪くなってる事の気がします。
また身長が高いので仕事以外でも猫背になることが多くなってしまいます。
過去に野球のピッチャーをやっていましたが右肩を故障して野球をやめています。

【初診時検査】
両肩の可動域低下
猫背姿勢
肩甲骨の可動域低下
骨盤の歪み

【施術後の経過】
施術後は反応が良く、強い猫背姿勢は無くなり、肩の可動域の向上、首のコリ感は大分改善していたようです。
3回の施術で全体で来な症状は楽な状態が維持できるようになってきました。
しかしお仕事がデスクワークで、身長が高いためどうしても日常生活の中で猫背姿勢になることが多いことも考え、継続して施術していくことをお勧めしています。

【先生からのコメント】
この方は身長がとても高く、あらゆる場面で背中を丸めた姿勢になってしまいます。
さらには肩を野球で傷めていることにより肩周囲や背中、首の筋肉のバランスが著しく悪くなっていました。
それもあり猫背姿勢が強くなり、首のコリや肩の可動域の低下を生んだと考えられます。
猫背姿勢は顎の位置のずれや首の筋肉の緊張によって顎関節にストレスを与えます。これが顎の違和感の原因であると考えられます。

 

 

※効果には個人差があります。お気軽にご相談ください。

1 / 512345
トップに戻る